なんでこんなことに、、、

なんでこんなことに、、、

なんでこんなことに、、、

 

なんでこんなことに、、、

 

学生の時、アルバイト先に30代のワキガの男性がいました。

 

エプロンを忘れてしまった時、その人のエプロンを借りたことがきっかけでワキガになってしまいました。もう本当に最悪でした。ワキガは、移るという事を肌で実感した瞬間でした。しかも、エプロンで移ってしまうなんて。飲食店だったのでその人が働けている意味もわかりませんでした。

 

私がエプロンを忘れなかったら、、、という思いしかありませんでした。幸い、夏休み中だったので手術してみんなに知られることは防げましたが、当時付き合っていた彼氏には知られてしまい、心配をかけてしまいました。

 

それが原因で別れることはなかったのですが、未だにネタにされます。アルバイトはそれがきっかけでやめることになりましたが、そのアルバイト料も手術料みたいなものだったと思うと、悲しいです。

 

今は治っていますが、汗をかくのも苦手になってしまいましたし、タンクトップやキャミソール、ビキニなど、夏も苦手になってしまったのは悔しいです。

 

脱毛はワキ以外の箇所をしてもらうという、意味わからないことになっています。手術をしても、不安があり、他人から衣類を通してワキガが移ったということが一番自分の中でトラウマになっている部分もあります。好きな人ができても、ワキガのことを気にしてしまうクセが出てきたりと、わりとワキガと隣り合わせな感じになっているのも事実です

ワキガは遺伝する。というのを耳にした日から、もし結婚して、子供ができて、ワキガだったらと思うと気が気じゃありません。友達にワキガはいませんし、家族や親族にもそういう人はいません。ワキガになってみて、気がつくこともありました。

 

外国に住んでいると、インド人などはカレーなど、幼い頃から口にしているスパイスが原因でとても体臭があることに気がつきましたし、それが文化なのだと感じることができます。ニオイで人を判断していたワキガだった頃の私が消えることはありませんが、前向きになってきたのは確かです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ